■海浜荘の謂れ 謂れロゴ

天保10年(1839年)すでに当家は「御宿會所」として
伊豆江奈村(現在松崎町江奈)に、3件在った郷宿の一軒で
あった。

当時伊豆地方は掛川藩の飛び領地であり、太田家の所轄天領
であった。この周辺には、陣屋が設けられており、それらを
巡視した役人、各村の名主、村役人の一行が公用で訪れた際
に宿泊する宿を郷宿として指定していたのである。当時関八州
を含む伊豆の代官であった江川太郎左衛門英竜(号担庵
1801〜1855 享保〜安政)が伊豆相模安房上総を
測量巡視した折の伊豆の宿泊地は江奈村、宿は郷宿である
「會所」であった。

文久3年(1863)再度被災し他所より現在地に移転をして
再興、昭和40年新築、昭和61年増改築を成し、永年近郷
近在から「會所」と愛称されて来たが、時代の波と共に現代風に
「海浜荘」と改め、今に至っている。
当荘はこのような経緯を持ち、周辺町村最古の歴史をもつ
旅館である。



お電話にて宿泊をご予約のお客様には粗品(季節のジャム等)を差し上げます。

創業200年 潮風の届く老舗旅館

旅館 海浜荘

  


〒410-3624 静岡県賀茂郡松崎町江奈207

TEL : 0558-42-0127
FAX : 0558-42-0683
MAIL : kaihin@nifty.com